[餅] 餅空 blog / Blogger支店

Bloggerの使い勝手を試しつつ記す日記です。

2005-05-09

引っ越します

半年近くbloggerに住みついておりましたが、諸々の事情によりNucleusを使う事にしましたので引っ越します。

引越し先: [餅] 餅空 blog / Nucleus支店 - nucleus.mochy.com

2005-05-02

ふぐの玄品・関門海が上場

前回のエントリーでEDコントライブと関門海の事を書いたら、関門海のマザーズ上場が4月下旬に決定したそうで…おめでたいことです。(関門海よりも少しだけ早くマザーズに上場するザッパラスはもっと気になりますけど、それは置いといて)

関門海上場記念てっちり半額セールみたいなのはやらないんでしょうか?「ふぐの日」にてっさ29円キャンペーンをやるくらいだから期待してるんですが。

同社の新しい事業である車海老フライ専門店「えびおどーる By GENPIN」っつーのも行ってみたい気はします。(玄品のふぐのように)ピクピク動く車海老が揚がった状態で出てきて味平もビックリ!みたいな展開を期待。

………忙しいので疲れてるみたいです。

2005-04-06

CD-Rコピー防止技術

日経ITの記事
ソフトの不正コピー防止技術開発のイーディーコントライブは、業務用ソフトなどを記録したCD―R(追記型CD)にコピー防止機能を付加できる開発補助ツールを11日に発売する。システム開発業者などの需要を見込む。量産品に不正防止機能を付けるサービスはあるが、ツールの外販は初めてという。
 EDコントライブといえば、今では株式公開を果たした有名企業ですが、かつてPCがフロッピーベースで動いていた頃は、フロッピーディスクにプロテクト処理を施す会社として知る人ぞ知る会社でした。この延長でセキュリティ方面へ業務を拡大していったと思っているのですが、まだ不正コピー防止技術のほうにも力を入れているんだなぁと感激もひとしおです。(なんでやねん)

 何気なくEDコントライブのIR情報を見ていると、第3位の株主が「株式会社関門海」になってる!関門海って、「ふぐの玄品」の会社ですよねぇ?これはいったいどういう繋がりなんでしょうか???もうちょっと下には楽天の三木谷社長の名前もありますが、これは理解できます。しかし、EDコントライブとふぐの関係やいかに?

 最近、更新が滞りがちなので適当なネタで1本書いてみました。適当すぎ?

#玄品は新橋店以外でもクレジットカードが使えるようになるとうれしいですね。

2005-03-28

HDDlife 日本語に対応


hddlife

 久しぶりにHDDlifeのバージョンチェックをしてみたら一気にバージョンが上がって2.0.48になってました。Big driveへの対応、日本語への対応が目立った変更でしょうか。

 「NEW VERSION - 2.0! FREEWARE download!」というリンクからダウンロードしてインストールすると、有償($39.95)の「HDDlife Pro」がインストールされます。30日間無料試用期間があり、日本語では「試用期間は残りxx日です」としか書かれて無いけれど、30日間試用後は自動的にフリーウェアバージョンに切り替わるようです。

 Pro版にあってフリーウェア版に無いのは以下の機能
AnywhereView™ technology
Show warnings only in case if hard drive health not ok
Send warning via network message
Send warning via e-mail message
私の場合、特にお金払ってまで欲しい機能はこの中には無いのでフリーウェア版で十分ですね。

 それと、日本語への切り替えは、LanguageメニューからJapaneseを選ぶだけなので簡単です。

2005-03-15

Googleデスクトップ検索とネットワークドライブ


Googleデスクトップ検索

 なんでも、ローカルディスクは宝の山らしいので、Googleデスクトップ検索日本語版がリリースされたのを機にずこっと2台のPCにインストールしてみました。1台はインストール後3ヶ月しかたってないPCなので、あっという間にインデックスが作成されてしまい、もう1台はまだインデックス作成中です。

 インストールしてみるとわかりますが、Google Desktopはport:4664を使い、daemonとして起動するようです。念のため、Google desktopを起動している別のPCに http://192.168.xx.xx:4664/ でアクセスしてみましたが、アクセスできませんでした。localhost(127.0.0.1)からのアクセスしか受け付けないようです。

 インデックス作成終了後、はりきって検索してみると予想以下の成果です。おかしいなぁ?…と思ってよ~く考えてみると、基本的に大事なファイルをほとんど全てネットワークドライブに追い出してしまっていたのでした。そう、ローカルのハードディスクが壊れて泣くのはイヤなので、RAIDなsambaサーバにスクリプトやらメールのデータやらを放り込んでいたのです。

 おまけにメールもBecky!なのでGoogleデスクトップ検索では非対応です。(これは、近いうちにBecky!用アドインを誰かが作ると踏んでいますが)
(2005/6/4追記 Becky! pluginについてこちらを。- Googleデスクトップ検索でBecky!のメールを検索!)

 ネットワークドライブに関するGoogleの公式な回答は
Q. デスクトップ検索ではどのファイルを検索できますか。
A. ネットワーク ドライブのファイルは、デスクトップ検索のインストール後に開いたり、作成、保存したもののみ検索できます。
 う~~ん、どうしたもんかいな、と思いながらぐぐってみる。

このへんに答えがありそう。
「Googleデスクトップ検索」のレジストリをいじるようです。あくまでも自己責任でやりましょう。
1. Googleデスクトップ検索を終了します。
2. レジストリエディタ(regedit.exe)を起動します。
[HKEY_CURRENT_USER\Software\Google\Google Desktop\HistoricalCapture\Crawler]
CRAWL_DIRS に、検索したいドライブを決められた書式で入れます。
!C:[tab]!D:[tab]!E:[tab]!Y:[tab]!Z:[tab]
 私の場合、ローカルが、C/D/E、ネットワークドライブが Y/Z なので、全部指定しておきます。[tab]は、TABキーの事です。最後の[tab]を忘れないように。TABキーは、レジストラエディタでは入力できないので、メモ帳などを利用してコピペします。
次に
CRAWL_FILE をクリアします。インデックス作業が終了していれば[ DONE ]になっているはずですが、空欄にします。
3. Googleデスクトップ検索を起動します。
 とりあえず、やってみました。でも、PCがアイドル状態にならないのでまだインデックス作業が始まりません。これで、うまくいくのかなぁ?しばらく放っておきます。

2005/3/16 9:55追記
 私の環境が悪いのかもしれませんが、一度インデックス作業が終わっていると上記を行っても再インデックスしてくれませんでした。上記ページの[How to force a clean re-index without reinstalling]もやってみたけど、変化無し… なんでー?

2005/3/17 7:40追記
 [HKEY_CURRENT_USER\Software\Google\Google Desktop\HistoricalCapture\Crawler]を
"CQF_FILE"="*[tab]|"
とすると再インデックス作業が行われるようになりました。

~まとめ~
[HKEY_CURRENT_USER\Software\Google\Google Desktop\HistoricalCapture\Crawler]
"CQF_FILE"="*[tab]|"
"CRAWL_DIRS"="!C:[tab]!D:[tab]!E:[tab]!Y:[tab]!Z:[tab]"
"CRAWL_FILE"=""

UFJ銀行のフィッシングメールが届いた!


UFJ銀行 フィッシングメール

 今まで、ワシントンミューチャルナントカとかVISAナントカとかの英文フィッシングメールしか受け取った事がなかったんだけど、はじめて日本語のフィッシングメールが届いてちょっと感激。

 HTMLを見ると画像は全てホンモノのサイトのものを表示するようになっていましたが肝心のリンク先が、表示されているのと実際が違っています。実際にはクリックしてないので、この先がどうなっているかは知りません。

https://www.ufjbank.co.jp/ib/login/index.html
  ↓実際のリンク先↓
http://200.81.64.137/ib/login/index.htm

https://www.ufjbank.co.jp/ib/login/index2.html
  ↓実際のリンク先↓
http://80.55.101.22/ib/login/index.htm

https://www.ufjbank.co.jp/ib/login/index3.html
  ↓実際のリンク先↓
http://61.38.30.55/ib/login/index.htm

200.81.64.137 = host64-137.wireless.com.py = パラグアイ(IPアドレス管理はオーストリア?)
80.55.101.22 = sx22.internetdsl.tpnet.pl = ポーランド
61.38.30.55 = 逆引き不可ですが、韓国のDACOM管理のIPアドレスです。

 騙されて情報を入力しないように気をつけましょうね!

15:50追記 関連記事
金融機関を騙ったフィッシングメールが続発、UFJ銀行やみずほ銀行を偽装 (インプレス)
UFJ銀行かたった日本語フィッシング・メールが発生 (日経)

2005-03-11

ウゴウゴルーガ

 既に旧聞に属する話ですが、ウゴウゴルーガが再放送されるそうですね。放映当時、あれを見てAmigaが欲しくなった人がいっぱいいました。そのAmigaも今では名前は残っているものの、エミュでしか見かけません。残念な事です。

 でも、ウゴウゴルーガ関連で何より印象に残っているのは成毛眞MSKK社長(当時)中村正三郎さんみかん星人事件だったりするわけですが。

 MSといえば、古川さんのblogが最後の更新から3ヶ月もたっちゃいました。楽しみにしているので是非再開して欲しいものです。

2005-03-05

10年前のYahoo!と曙

10年前のYahoo!

 Yahoo!が10周年を迎え、10年前のトップページを公開しています。実にシンプル。でも、私が初めてYahoo!を訪れた時には横綱「曙」の土俵入りの写真がトップに飾ってあった気がするんですが、あれはいつ頃の事だったんだろう?ひょっとすると何か記憶違いをしているのかもしれないなぁ…。

 …と思って調べてみたら当時のサーバの名前が「akebono(曙)」だったそうな。サーチエンジンの名前は「konishiki(小錦)」。そういえば、創業者ジェリー・ヤン氏の奥さんは日本人だったはずだけど、それと相撲と関係あるのかなぁ?と思って更にぐぐり続けたら、昔のYahoo!で曙の写真が使われていたという確証を得ました!

日本のインターネット黎明期(5)
Yahoo!創業の後も、スタンフォード大学の曙プロジェクトのサイトは残って
いたのですが、今は歴史的な紹介になっております。
http://akebono.stanford.edu/?NL000339-40

本物というのも変ですが、当時はもっと大きな曙の写真が使われていました。

そうそうジェリー・ヤンの奥さんは日本人で、彼が京都にあるスタンフォー
ド大学日本センターに勤務していた時にアタックしたそうです。

 という事は、私が訪れたのはYahoo.com になる以前、スタンフォード大学時代のYahoo!だったのでしょう。それと、私も、もっと大きい曙関の写真(たぶん同じ写真)がディレクトリ表示部分の上にでっかくタイトルロゴのように使われていたと記憶しています。

 上のAll aboutのリンクにもありますが、当時の日本では www.ntt.co.jpで日本のウェブサイトの「新着情報」が公開されており、唯一に近い情報源として重宝しておりました。まだ ntt.co.jp を研究者の方々が使っていた頃ですね。懐かしいです。

 この夏で私もウェブサイトを初めて公開してから10年になります。Yahoo!と曙の謎も解けた事だし、気持ちを新たに頑張りたいと思います。